これから40で取り組むこと

人生を豊かに生きる上でもっとも重要な要素であり、土台となるものって何でしょうか?

当たり前ですが「健康」ですよね。

そして、イキイキとして生きていくためには、メンタル面の健康というのも非常に大事です。心に不安や焦りなどがあれば、ストレスがたまり、喜びや幸せを感じられません。

これから40では、体の健康だけでなく心の健康を扱うコースの両方を用意しています。

これから40の2つのコース

病気にならない体を作るためには、まずは食事と言われています。

また、心の健康のために必要不可欠なことは、ストレスへの対処です。

そこで、これから40では、食生活の改善に取り組む、食事のコースと、生活習慣の改善に取り組む、ストレス対策のコースがあります。

それぞれの内容を紹介します。

食事改善コース

糖質との上手なつきあい方

30代と同じように、糖質中心の食事をしていると、さまざまな弊害が生じます。

食物繊維の少ない状態で糖質をとると、糖が一気に吸収されて血糖値が急上昇してしまうのです。だから糖質は「食物繊維が豊富な食品と一緒にとる」ことが大切です。

また、エネルギーとして使いきれない糖質は、中性脂肪として蓄積されて、お腹周りの脂肪が気になるようになります。そして、細胞を劣化させる現象(糖化)が起こり、これが進むと肌のシワやくすみ、シミなどとなって現れます。

そこで、最新の研究結果を基に、どのように糖質と付き合うのが良いのかを理解します。

良質なオイルをとることのメリット

良質なオイルをとると、細胞内のミトコンドリアを活性化させる「ケトン体」に大きくかかわります。

ミトコンドリアは細胞の状態を司る役割があるため、ミトコンドリアが活発に働く状態であれば、細胞も生き生きと働いてくれます。

しかし、「ケトン体」は一般に販売している食品には含まれていないため、中性脂肪を原料に自分の肝臓が作り出す必要があります。そこで、良質なオイルが必要となってくるのです。

これから40では、良質なオイルとは何なのかどれくらい採ると体に良いのかを理解します。

発酵食品と腸内環境

腸内では、さまざまな種類の微生物が消化吸収のために働いてくれています。

悪玉菌が善玉菌より優位になって腸内環境が悪化すると、免疫力も衰えてさまざまな病気の原因になります。発酵食品には、乳酸菌をはじめ善玉菌が豊富に含まれています。

また、善玉菌には免疫細胞を活性化させる働きもあります。実は体全体の免疫細胞の6割~7割は腸に集中しています。そのため、食事によって腸内環境を整えると、免疫力を高めて、病気を予防することができるのです。

そこで、腸内環境を整えてくれる発酵食品を積極的にとる食習慣を考えます。

代謝を上げる食事

40歳前後からは「代謝」が急激に下がります。

代謝が落ちると、冷え、白髪、肌荒れ、視力低下などを招きます。代謝の低下は誰にでも起こるのですが、食生活を変えることで、代謝の低下が抑えられ、若さを取り戻せます。

代謝に関わる基本物質は「酵素」ですが、ビタミンとミネラルは「補酵素」というサポート役として活躍しています。

そこで、普段の食事で、ビタミン・ミネラルがどれくらい必要なのかを理解します。また、毎日の食事ではとり切れない分を、安全で良質なサプリメントで補う工夫も必要です。

これから40では、酵素と補酵素、良質なサプリメントの知識を学びます。

いつまでも若々しくいるための食事

老化の原因の一つは、体の「酸化」です。

りんごを切って置いておくと、茶色に酸化してしまうのと同じように、空気を吸って生きている私たちも例外ではありません。

エネルギーを作る過程で、避けられないのが「活性酸素」という体内毒素の発生です。

そこで、お手軽に生活に取り入れられる「抗酸化作用」のある飲み物が、ハーブティーです。

ハーブティーの良さを知って、細胞のアンチエイジングを意識しましょう。また、普段の食事で「抗酸化作用」のある食材を積極的に食べることでデトックスができ、若さを保って健康でいられます。

ストレス対策コース

ストレスマネジメントを行う

「ストレスマネジメント」とは、ストレスを上手にコントロールする方法のことです。

日常生活を送る上で、誰もがストレスを感じていますが、ストレスを抱えたままで過ごしていると、気力を失ったり、体調を崩してしまいます。

ストレスによる不調を防ぐためには、普段から自分の状態をよく観察し、ストレスの原因を知ることが大切です。

そこで、これから40ではストレスを減らす努力をしたり、またストレスを解消したりする方法を身につけて、上手にストレスと付き合っていく方法を学びます。

自立神経と呼吸

ストレスによって体調不良が引き起こされる理由には、交感神経、副交感神経からなる自律神経のバランスの乱れが大きく関わっています。

自律神経は、内臓の動きや血流、体温の調節といった身体の機能を調整する働きをもつ神経です。

「呼吸」は、自分の意思で自律神経のバランスを調整できる貴重な方法です。

これから40では、自律神経を整えるために有効な呼吸法を学びます。そして、日々の生活の中で、意識的に深呼吸を行う習慣を身につけて、自律神経を自分自身で整えるという意識を高めます。

眠りを変えるコツ

睡眠はストレスを解消する大きな役割を担います。

睡眠不足になると脳の扁桃体が活発化し、ささいなことで恐怖や不安を感じるようにもなります。また、睡眠時間は取れていても、眠りが浅い場合にはストレスは減りにくくなります。

そこで、深い睡眠を取るための昼間の過ごし方や、寝る前の生活習慣を見直して、睡眠の量と質を上げるライフスタイルを考えます。眠りを変えることで、ストレスを軽減します。

ストレス発散と免疫力アップ

仕事や家事で疲れたら、無理をせずに十分休養することが大事です。

無理をして疲労を回復せずにいると、免疫力が弱まって、病気に抵抗できない体になってしまいます。

毎日の生活の中でリラックスする時間をとることや、週末にリフレッシュするための時間を計画します。

また、ストレスがかかると、交感神経が過剰になって血流が悪くなるので 適度な運動をこまめにすることが効果的です。軽い運動で血流がアップしたり、リフレッシュ効果も期待できます。

アロマで行うメンタルヘルス

嗅覚は、五感の中で最も原始的な感覚といわれていて、アロマ(香り)は、直接的に心身に作用します。

最近では、樹木から発せられる「フィトンチッド」という香りの成分が脳に精神的安定をもたらすことも分かっています。

香りは、様々なストレスに囲まれて生きる現代人の心や身体の不調を穏やかに回復させてくれます。そして、自己治癒力をあげてくれるので、メンタルヘルスに欠かせない要素です。

そこで、生活の中に好きな香りを取り入れて、メンタルケアの心強いツールとして活用する方法を学びます。

また、必要であれば、アロマトリートメントを実施して、あなたのメンタルケアを行います。

さらにご希望の方には、アロマとハーブの講座も実施しています。ちゃんとした知識を身に付けて、ご自分でアロマとハーブを活用するための知識も学んでいただけます。

必要に応じてあなたのライフスタイルをデザイン

ここで紹介した方法の全てが、あなたに必要なわけではありません。また、それぞれの方法もどのように適用すれば良いのかも、人によって違うでしょう。

これから40はあなたに必要な知識と、客観的なアドバイスをお伝えするだけです。

それを基に、あなたに最適な健康習慣は、あなた自身がデザインするのです!それは、単に健康になる方法を知るだけでではありません。自分自身の得意不得意や、好みやクセを知ることで、無理なく習慣化することができるのです。

健康習慣を身に付けることは、ライフスタイルが変わることを意味します。その結果、あなたの10年後に自信を持つことができます。

一緒に、あなたの健康習慣をデザインしましょう!

セッションの流れや料金など、さらに詳しいことはこちらをご覧ください!