夏バテしない過ごし方~水分~

今年の梅雨は長くて、部屋干しの洗濯物もなかなか乾かずうっとうしいですよね。

そして梅雨が終われば、暑い夏がやってきます。そろそろ夏本番に向けて終わりが見えてきた感じがします!

そこで、今年の夏を元気に乗り切るための準備をしていきたいです。

それで夏に気をつけたい生活のポイントについてお話したいと思います♪

まず今回は水分についてです。

水分を多くとりましょう


あなたは、一日どれくらいの水を飲みますか。

水の必要量を性・年齢・身体活動レベル別に算定した科学的根拠はないのですが、夏は1.5リットルから2リットルの水分が必要です。

というのも、体の中の水分が不足すると熱中症のリスクが上がります。

喉が渇いたときに水分を摂りますという人がいますが、それではしっかりと必要な水分をとれていない場合が多いんです。

私も水分の摂取量が少なくなりがちで、クーラーの中にいると、ついつい何時間も水を飲まずに過ごしてしまいます。

あなたもそうであれば、水を飲むタイミングをあらかた決めておくのが良いです。朝起きたとき、外出から帰った時、お風呂から出たとき、といった感じです。

それと自宅にいるときも、朝にマイボトルに水を入れておき、自分の飲んだ水の量を確認できるようにしています。

体を冷やさないようにする


冷たい飲み物はなるべく避けます。

冷たい飲み物ばかりを飲んでいると『内臓温度』が下がってしまうからです。内臓が冷えると代謝が悪くなり、血行不良に陥りやすくなります。

そして、身体のだるさ、食欲不振といった、いわゆる『夏バテ』を引き起こしやすくなるのです。

その他にも女性の大敵である「むくみ」につながるので気をつける必要があります。

そのためにも、なるべく常温の飲み物を飲むように心がけます。しかし、暑い日にカフェに入ったときなど、ついついホットではなくアイスを注文したくなりますよね。

しかし、しばらくすると冷房で身体が冷えてきて、ホットにしておけば良かったと後悔することもあります!

私はどうしても冷たい飲み物を注文したいときは、「氷なし」か「氷少なめ」で注文するようにしています。

できるだけ内臓温度を意識しましょう!

自宅でハーブウォーターを作る


家では、ハーブウォーターを作るのがおすすめです。

水出しハーブティーです。

水出しハーブティーなら、ビタミンやミネラルたっぷりで、しかもノンカフェイン♪

とってもスッキリして、リフレッシュにもなります。

市販で水出し用のティーバッグが売っていますので、まずは手軽なところから始めてみることをおすすめします。

夏は常温抽出だと悪くなりやすいので、外出するときは冷蔵庫で冷やしておきましょう!

メールマガジン配信中!

ピエス・ヴェールでは、毎日の健康習慣に役立つ情報をお伝えするメールマガジンを配信しています。

登録はこちらからどうぞ!


ヘルスケアコーチ『これから40』

ピエス・ヴェールでは40歳からの体を変える!ストレスケアと食事改善のヘルスコーチングを行っています。
10年後の自分の健康に自信を持つための健康習慣作りのお手伝いをしています。

詳しくはこちらから♪


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です