夏野菜をおいしく食べたかったら

いよいよ夏本番ですが、いかがお過ごしですか。

これからの季節を夏バテしないで過ごすためには、必要な栄養を食事からとることが大切です。

ついつい暑いと適当な食事になりがちですが、体を作るために必要な「たんぱく質」や、「ビタミン」や「ミネラル」を含んだ食べ物を多くとることで、夏バテ防止が見込めます。

今回は「ビタミン」や「ミネラル」の摂取にとっても大切な“夏野菜”の上手な食べ方をご紹介します。

野菜を漬ける


まずは、この時期にとっても重宝するのが糠漬けです。夏のシーズンだけでも冷蔵庫で管理すれば面倒ではありません。

糠床を最初から作るのも素敵なことですが、それはハードルが高いという方は、市販の糠床を購入するのがおすすめです。

まずはきゅうりを漬けてみましょう。きゅうりの糠漬けは本当に美味しい。疲れたときでもパクパクいけます。

そのほか、大根、人参、ナスなども定番です。そしておすすめなのが、みょうがや長芋です。

とにかく、食事のお供にこれらの野菜を発酵食品として小まめに食べれば、腸活にもなり肌がきれいになります。女性にとっては良いこと尽くめなのです。

冷凍枝豆を上手に活用する


それから、夏は枝豆がとっても美味しいです。

枝豆は栄養価が高い野菜で、タンパク質、ビタミンB1、カリウム、食物繊維、鉄分などを豊富に含んでいます。

自分で塩ゆでして冷凍しておいたらとても良いのですが、私は面倒なので購入した冷凍枝豆を活用しています。冷凍枝豆は食べたい分だけ解凍できるのが便利です。

自然解凍しておやつに食べるのもヘルシーですし、フライパンでオリーブオイルとにんにく、鷹の爪などを入れてさっと焼けば美味しいおつまみになりますよ。

ぜひ日々の食事に取り入れてみてくださいね。

野菜ドレッシングを作る


最後のおすすめは夏野菜でドレッシングを作ることです。

先日、我が家で開催した小さな食事会でプロ直伝の「にんじんドレッシング」を作りました。

やはり手作りのドレッシングは美味しいですね!

大量に作ったので、夏野菜にせっせとかけていただいています。

市販のドレッシングをたくさん食べるとなると、糖質や添加物が気になりますが、自家製のドレッシングであれば心配なくどんどん食べられます。

良質なオイルを使えば、ドレッシングにもしっかり栄養があるので一石二鳥です。

週末の時間のあるときに、簡単な野菜ドレッシングを作り置きしてみましょう。少し工夫をすれば、夏野菜を食べるのがとっても楽しくなりますよ~♪

それでは皆さん、8月を元気でお過ごしくださいませ。

メールマガジン配信中!

ピエス・ヴェールでは、毎日の健康習慣に役立つ情報をお伝えするメールマガジンを配信しています。

登録はこちらからどうぞ!


ヘルスケアコーチ『これから40』

ピエス・ヴェールでは40歳からの体を変える!ストレスケアと食事改善のヘルスコーチングを行っています。
10年後の自分の健康に自信を持つための健康習慣作りのお手伝いをしています。

詳しくはこちらから♪


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です